スペイン語の親しみをこめて呼ぶ時の“◯◯ちゃん”!?

カサ

日本語では人の名前を親しみをこめて呼ぶときに

“ 〇〇ちゃん ” や “ 名前を短縮 して呼んだりしますね。

スペイン語も同じようにちゃんづけや短縮形があるんですね。

今回はスペイン語での “〜ちゃん” と”短縮呼び”について!

スペイン語も日本語のように短縮する形があります。

Rosalí→ Rosi     

María → Mari  

など

 また、まったく名前が変わってしまうこともあります。

Francisco → Paco  または Pancho   

Jose → Pepe または Chepe       

など

それから ~ito  ita  などとすることもあります。

Eva → Evita 

(アルゼンチンの元大統領夫人、Evitaは本名はEvaです)

Carmen  Carmencita

Carlos  Carlitos

Pablo → Pablito

日本語の名前でも一応できます。

Megumi → Megumita


この ~ito や ~ita は物にも使います。

日本語は物には“ちゃん”はつけませんが、少しかわいらしい、和らいだ、愛情を込めた表現になります。小さいものをさすこともありますが(子犬など)必ずしもそうとは限りません。

水 agua  → agüita (アグイータ)

üとなるのはこうしないと発音がアギータとなってしまい、アグイータとならないからです)

コーヒー café  cafecito

紅茶 té  tecito 

パン pan  pancito (またはpanecito)

キス beso  besito

小さい(男の子) 

chico  chiquito     chiquitínなどというときもあります。

(~illoなどをつける地域もあります。)

猫 

gato → gatito (メスだということを強調したければgatita)

犬 

perro  → perrito (メスだということを強調したければ perrita

少し 

poco  poquito  poquitito 

さらに少しゆっくり 

despacio  despacito

すぐに 

pronto   prontito

今 

ahora    ahorita

Ahoritaはメキシコ人などよく使います。Ahoraよりも“今すぐに”という意味もあるそうなのですが、実際は“後で”“もう少ししたら”という意味で使うことが多いようです。

また、地域によってはgatico, gaticaなどというようにco, caがつく!

コスタリカではまさにこのような表現が多いので、コスタリカ人のことを tico, tica と呼ぶようになったそうです。

 ~ito ~itaとならなく、~cito ~cita となるのは主に (複数のときはもちろんsがつきます。)

①アクセントをおいて母音で終わる単語 例) té → tecito

②アクセントがつかなくてもI , U, E の母音で終わる場合  

 例) calle → callecita

③R とNで終わる場合  例)flor → florecita

 例外もあります。

是非使ってみてください♪

Megumi