夏に使うスペイン語表現!”暑い” “calor” “カロール”

暑い

¡Qué calor! 東京の夏はとにかく蒸し暑いですね。

新橋はなんと都内で一番暑い!とも言われています。

新橋盆地などと言われることもあるくらいです。

そんな暑いところにイスパノアカデミーはございます!

真夏のアスファルトは目玉焼きができそうです。

新橋は暑い

当校の講師たちはまさに夏(verano)が大好きな講師たちが多いですが、それでもこの蒸し暑さにはまいっています。

それでもここのところは涼しいときもありましたが、そろそろ本格的に暑くなりそうですね。

あまりに暑い日は

“Me muero…me muero(de calor) ”  

(死ぬ~っ)と言いながら入ってくる講師たちもおります。

暑い〜

暑いという表現は以下のようなのがあります。

Hace calor hoy.   今日は暑いです。

暑い1

Hace mucho calor.   とても暑いです。

暑い2

Hace muchísimo calor.  (更に)とてもとても暑いです。

暑い3

または、

Hace demasiado calor. 暑すぎます!

暑い4

ちなみに似ている表現で 

tener を使った表現があります。tener + calor” 

気候の暑さではなく、その人自身が今暑い!と感じているときに使います。

“Tengo calor.”(暑い!)

  動詞tener主語が“私”であればTengoとなりますね。

チェック
Hace calorの場合は主語が人ではありません。

チェック

例えば!

ラーメンを食べた後や急いで来た後で暑いときに!

クーラーが強すぎて寒いときに!

(私は)暑い(暑く感じる)! (私は)寒い(寒く感じる)! 

などと言うときには

“Hace calor”ではなく“Tengo calor.”と言います。逆にクーラーで寒かったら “¡Tengo frío!”と言います。

また!“何て暑いんだ”“あつーいと言いたいときは

“¡Qué calor!”   と Quéを使います。

¡Qué calor hace hoy!  などとも言います。(hoyは今日)

 

それから湿気は humedadといいます。(hは発音しないので気をつけましょう)

日本は湿気が多いのでよく使いますよ!

Hay mucha humedad.   湿気が多いです。

Hace bochorno hoy.  今日は蒸し暑いです。

このあたりの表現は毎日イスパノアカデミーでも飛び交っています。