スペイン語の水は女性名詞!しかしLa aguaとは言いません。

スペイン語文法1

先日メキシコで使われる、“危ない!”という表現 “¡Aguas!” について書きましたが、

このAguaという名詞、aで終わっておりますし、女性名詞なのですが、La aguaとは言いません。aが2つ続いてしまうのが、発音しづらいかららしいです。よって女性名詞なのに el aguaといいます。

ですが、女性名詞だということをお忘れなく!

◯X

基本的にはほとんど単数で使います。

複数になるときは、レストランなどで”Dos aguas por favor” お水二つくださいというときです。

確かに日本語でもそういう時でないと水を2つとは言わないですよね。

もちろん ”Dos vasos de agua por favor“とも言えます。

その他ですと、熟語でセットになっているものはいろいろありますが、国によっても使い方が違うものなどもあります。

複数でよく使うのは

aguas termales  温泉

aguas residuales 下水、排水

aguas llenas 満潮

aguas internacionales  国際水域

などがありますね。

メキシコにはAguascalientesという地名もありますね。

ペルーのマチュピチュ村も以前は Aguas Calientesという名前でした。温泉があります。

それから有名なメキシコの映画にもなった小説で “Como agua para chocholate”というのがございます。オススメです!

”paraguas” 傘はいつもSがつく!

この時期よく使う“傘“スペイン語では”paraguas”と言います。このsは複数形とは関係のなく、単数形も複数形も同じ形となります。

El paraguas

雨1

Los paraguas

雨5

となります。

Para は動詞 parar (止める)からきていて

Para aguas雨を止めるものという意味からきています。

ちなみにパラソルはparasol solは太陽ですので、

陽射しを止める(さえぎる)というところからきているそうです。

日傘

日傘のことは sombrillaともいいますが、地域によってはふつうの傘のこともsombrillaということもあり当校の講師たちも使う人たちもいます。

このsombrilla はsombra(影)からきているようです。

日本ほど傘を使うことは少ないようですが。。。

Megumi