スペイン語で“水”を “agua”といいますが 危険が迫る¡Aguas!

aguas

スペイン語で“水”を “agua”といいますが!

水

メキシコでは “気をつけて!”“危ないっ!”

などと誰かに言う時に、”¡Aguas!”といいます。

気をつけて

これはかつて汚水などを窓から投げ捨てていたので、道を歩いている人に

“(汚水に)気をつけて”と言っていたのが、

そのまま、何かに危ない!というときは “¡Aguas!”と言い続けるようになったとか。

複数形でいうのがポイントです。

メキシコに行ったときに “¡Aguas!”と言われたら気をつけましょう。

そして周りのメキシコ人にも機会があったら使ってみましょう!

そういえば、昔うちにホームスティしていた南アフリカ人の留学生と車に乗っていた時に、友人がつまらないbroma(ジョーク)を言ったので、“さむーっ”とみんなで言ったら、彼があわててクーラーを弱めてくれたことを思い出しました。

“そっちの寒いじゃないんだよ”と教えてあげました。

はじめて私がメキシコ人に “¡Aguas!” と言われたときも思わずキョトンとしてしまいました。

Megumi